亡くなった後のことを考えて生前整理を依頼しよう

死ぬまでにやっておく事

ダンボール

何をすべきか

日本は現在高齢化時代を迎え、高齢者の数が日増しに増えており、社会問題となってきている。そんな中で、寿命を全うするまでにしておくべき事として生前整理が注目されている。生前整理とは、文字通り生きている間、死ぬ前に色々なものを整理しておく事である。生前整理をするにあたって、ポイントがある。そもそも、生前整理は、本人が亡くなった後で家族が大変な思いをしないためにしておくべきとされている事であり、もし家の中が物に溢れ、散らかっている様では、残された家族が整理をしないといけない。更に、生前整理をする事で、不必要な物がなくなり、自分の必要としている物だけ、好きな物だけを残し充実した生活を送る事ができる。実際の方法としては、まず必要な物と不必要な物に分別する必要がある。思い出があっても不必要なら捨てるべきとされている。残された家族にとって果たして必要な物かどうかも考えながら分別を進むと円滑な作業になる。また、財産などに関しては、目録を作成する事が重要となる。加えて財産を置いてある場所などもわかりやすく書いておくと、家族もその後の運用などが行いやすくなる。相続税などに関しては、行政書士などの専門家に聞いてみると円滑な生前整理が行える。高齢者にとって、生前整理は非常に重要な事であるが、実際に高齢の夫婦2人、もしくは1人で行うのは簡単ではない。家族と相談をしつつ行う事で家族との時間を共有でき、円滑に作業が進む。